『両替手数料無料』のウソ!両替レートに手数料は含まれている

『両替手数料無料』のウソ!両替レートに手数料は含まれている

海外送金には欠かせない外貨の両替。
銀行の説明を見ていると、『両替手数料無料』などと
書いてあることがありますが、あれ、大体ウソです。

なぜか、というと、

両替手数料は両替レートに含まれているのが普通

だからです。

具体的に見てみましょう。

こちらは中国銀行の外貨両替レートのページ。(2010年7月21日のもの)
中国銀行の両替レート表
【参考URL】BOC EXCHANGE RATE(new) http://www.boc.cn/sourcedb/whpj/enindex.html

例として、米ドルのレートで見てみましょう。
いろいろと項目がありますが、簡単に訳すとこういう感じです。
両替レート表の項目の日本語訳

で、このままの並び順では、わかりづらいので、わかりやすく並べるとこうなります。
両替レート表の項目を並べ替えたもの
『仲値』というのが、その名のとおり、真ん中の値です。
仲値を中心に、他の項目が計算されているんです。

ただ、中国銀行の場合、さらにわかりづらくしているのは、
『仲値』の値がヘンなこと。本当は中心の値を指すはずなのですが、
少しズレています。ズレを修正して、本当の仲値を出すためには、
SellingRate とBuyingRateの真ん中の値を計算して出すだけです。
両替レート表の仲値を修正したもの
計算してみるとわかるのですが、仲値の677.6を中心に、
0.64%の手数料を上乗せしたのが、送金の買値/売値で、
1%の手数料を上乗せしたのが、現金の買値/売値なのです。

わかりやすく言うと、
仲値というのは、そのときの市場の相場で決まっているレート。
中国銀行が、その仲値を見て、
「よっしや、送金されたドルの両替なら手数料0.64%取ったろ」
「ドル現金のときは、手数料1%取ったろ」
と考えて、その手数料分を上乗せしたのが、両替レート表なのです。

ちなみに現金より送金のほうが手数料が安いのは、
パソコン上の数字を扱うだけで、現金を扱う手間がかからないからです。

あとは、私もよく混乱する、「買値」「売値」の意味。
これのポイントは、『銀行が買うのか売るのか』を言っていると考えることです。
銀行がドルを買うのがドルの買値、銀行がドルを売るのがドルの売値。
まとめると、こういうふうになります。

両替レート表の仲値を修正したもの

両替レート表の見方は、以上のような感じです。

なので、どこの銀行・両替屋さんでも、
『売値』と『買値』が分かれていたら、
レートに上乗せして利益を取っているんだ
と理解して、
間違いありません。

慣れないと、よくわからないと思いますが、
海外投資や海外生活をするなら必須の知識ですので
必ず理解しておきましょう。

空港にある両替屋さんなんかは、すごい上乗せレートで
販売していますから、一度、ご自分で計算してみると
面白いですよ。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

コメント

  1. ちゃい より:

    今日の中国銀行の基准价は7.9289なのですが
    のむてつさんの様にfxつかって
    シティバンクで送金した場合今日のレートだと一万円は何元になるのでしょうか?

  2. 管理人(のむてつ) より:

    ちゃいさん、

    申し訳ないですが、手数料など計算方法はサイトに書いていますので、
    自分で計算してみてくださいね。

  3. damian より:

    中国銀行のレートの見方、大変参考になりました。
    さすが学校の先生だけありますね~


コメントを投稿する




»
«