ちょろいもんだぜ中国海外送金/人民元両替

海外送金は「海外送金手数料」だけで決めちゃダメです!

よく、「海外送金手数料がお得なので、ゆうちょ銀行で送金することにしました」なんて話を聞きますが、 その判断方法は、大きな間違い。海外送金には、送金手数料以外に、為替(両替)手数料、中継銀行手数料、 受取銀行手数料も、かかるので、すべての合計で手数料を比較しないと、実は損することになります。
海外送金にかかる手数料は為替手数料も中継銀行手数料もあるの図
※中継銀行手数料は、中継銀行が無い場合は、かかりません。
※受取銀行手数料を取らない銀行もあります。
※為替手数料の計算方法は、こちらの記事を参考にしてくださいね。
 記事:『両替手数料無料』のウソ!両替レートに手数料は含まれている

で、その手数料のことを踏まえた上で、現時点で、下の結論に至っています。

中国への海外送金 手数料比較表

結論:約20万円以上ならサイバーエージェントFX&シティバンクドル送金。
それ以下なら、クレジットカードで海外ATM引出がトク。
中国への海外送金 手数料比較表
サイバーFX&シティドル送金に関しては、こちらの記事を⇒中国へ海外送金一番得な方法
クレジットカードの海外ATM引出しに関しては、こちらを⇒国際キャッシュカード比較
ご覧ください。

法人(企業)の海外送金は別の観点も必要なので、こちらで比較しています。
法人(企業)の海外送金比較
※1ドル=80円で計算。(為替で変化しますので、グラフは大体の目安と考えてください)
※スタート日本円、ゴール中国元で、両替手数料も込みで計算。
※2011年7月12日更新 PayForexドル建送金をグラフに追加。
※2011年7月14日更新 PayForex円建送金Goロイズドル建送金をグラフに追加。
※クレジットカードに関しては繰り上げ返済するかどうかなどで、手数料が変わります。
※セブン銀行、SBIレミットも、この夏に調査予定です。

最新情報

Goロイズで中国へドル建て送金してみました

『Goロイズで中国へドル建て送金してみました』というタイトルを
書きましたが、実は、間違えてやってしまった、このドル送金(笑)。

とりあえず入金してから円建送金するつもりだったのですが、
Goロイズって、入金すると、そのまま即、登録送金先に海外送金されるんですね(汗)。
気づいたら、ドルで着金しておりました(笑)。
まあ、でも、データが取れましたので、良しとしましょう(苦笑)。

→この記事の続きを読む

Goロイズの特徴&登録~海外送金可能まで

Goロイズの特徴

Goロイズは、イギリスのロイズ銀行がやっている
海外送金サービスで、特徴としては、

●送金手数料が安い。一律2000円。
 円建送金の場合のみプラス送金額の0.1%(最低1500円)。

●つまり、円建送金が他より安い

●でも

→この記事の続きを読む

PayForexで中国への海外送金をやってみる

    PayForex海外送金のポイント
    ●入金は振込から2時間ほどで反映された(平日の午前中)。
    ●両替手続きは非常に簡単だった。
    ●円→ドル両替の両替手数料は1.18%だった。
    ●送金手続きも簡単。宛先登録が済んでいれば3分でできる。
    ●ドル建て送金は即日、中国の銀行(招商銀行)に届いた。
    ●円建て送金は2日後に中国の銀行(招商銀行)に着金。
    ●円建て送金、ドル建て送金ともに中継銀行手数料ナシだった。

新しい海外送金サービスである、PayForexに登録が完了しましたので、
送金してみないとわからない中継銀行手数料などを解明するため、
さっそく、送金してみることにしました。

→この記事の続きを読む

新しい海外送金「PayForex」登録してみました

2011年7月6日に、プレスリリースをいただいたのですが、
新しい海外送金サービスが始まりました。

PayForex 海外送金サービス - インターネット国際送金・為替両替PayForex 
海外送金サービス
- インターネット国際送金・為替両替
http://www.payforex.net/jp/top/

仕組みとしては、PayForexが指定する口座に振込をするとそのお金を両替して、海外送金してくれる、というサービスです。(基本的に両替手数料で儲けていると思われます)

昔から、日本以外ではこういう形のサービスがあったのですが、

→この記事の続きを読む

SBIレミットは申込から送金可能になるまでが早い

中国への海外送金について、いろいろ調べているのですが、
「もぉー、これ、実際にやってみるしかないな」的な結論に
なることが多いので、7月5日に、

Goロイズ、SBIレミット、セブン銀行の3つに、
まとめて申し込んでみました。

どれも、ネット上から7/5の夜に申込み。

そして、契約完了第一号は、本日(7月9日)に届いた
SBIレミットでした!

→この記事の続きを読む

中国のATM引出手数料

中国を含む海外で、少額の現地通貨を入手するには、
非常に便利な国際キャッシュカード&クレジットカード。

中国工商銀行ATMの引出し明細

日本でかかる両替手数料やキャッシング利率は、日本で情報を
集めればわかりますが(参考:私の運営する国際キャッシュカード比較サイト)、
どうしてもハッキリしないのが現地で取られるATM手数料です。

私も、日本語・英語・中国語の情報を調べてみたのですが、

→この記事の続きを読む

楽天銀行海外送金の書類&マニュアル

2ヶ月ほど前に申し込んで、届いていた、
楽天銀行の海外送金の書類、やっと開けました(笑)。

楽天銀行海外送金のIDの書類
こんなふうに、『送金作成者用ID』と『送金承認者用ID』とが分かれていて、
間違いが無いよう、送金手続きと承認を分けてダブルチェックできるように
してあるんですね。

で、またこれが、送金方法が複雑なんですよ。

→この記事の続きを読む

楽天銀行で海外送金先を登録してみました

110702楽天海外送金先登録1
前々から「やろう、やろう」と思って準備はしていた
楽天銀行法人口座の海外送金手続き、ついに、今日、一歩目をやりました!(←遅い。笑)

楽天銀行の海外送金は、ネットで海外送金を予約できるのは当然のこと、
なんと、あのシティバンクでもできない、『ネットで海外送金先登録』ができるのです!

今回は、それをやってみました。

→この記事の続きを読む

中国へ円建て送金と、FX両替米ドル送金とコスト比較

中国への海外送金は、円建て送金と、FX両替米ドル送金と
どちらが安いのか?ということに関して、質問をいただきました。

安い海外送金方法を検索して、このページにたどり着きました。FX口座も開設しました。でも、よく考えたら、アメリカドルに変えないで、直接円送金した方が手数料安いような気がします。一回だけの為替で済みますし。たとえば、新生銀行から4千円の手数料で円建て送金し、中国で元にすれば終了ですよね。この円建て送金する方法は、サイトには米ドル建て送金より手数料が高いと書いてありますが、本当でしょうか?円から米ドルにするとき、FXの手数料がなくても、なんとか差額がありますね(スプレッドでしたっけ?)。やはりわざわざ米ドルに変えて、送金する方が得でしょうか?一応、中国の銀行に確認しました。円建て送金も受けられるとのことです。

→この記事の続きを読む

『両替手数料無料』のウソ!両替レートに手数料は含まれている

海外送金には欠かせない外貨の両替。
銀行の説明を見ていると、『両替手数料無料』などと
書いてあることがありますが、あれ、大体ウソです。

なぜか、というと、

両替手数料は両替レートに含まれているのが普通

だからです。

具体的に見てみましょう。

→この記事の続きを読む