楽天銀行で海外送金先を登録してみました

楽天銀行で海外送金先を登録してみました

110702楽天海外送金先登録1
前々から「やろう、やろう」と思って準備はしていた
楽天銀行法人口座の海外送金手続き、ついに、今日、一歩目をやりました!(←遅い。笑)

楽天銀行の海外送金は、ネットで海外送金を予約できるのは当然のこと、
なんと、あのシティバンクでもできない、『ネットで海外送金先登録』ができるのです!

今回は、それをやってみました。

楽天銀行のメリットは、先書きましたが、デメリットは、
『照会手数料と組戻手数料が、それぞれ3000円と、高いこと』。

ちなみに、照会手数料というのは、
「今、あの海外送金、どうなってる?調べてくんない?」というときに
調べてもらうときの手数料。そして、組戻し手数料は、
海外送金を取り消すときの手数料です。

それらが高いということは、今日、今から行う登録作業が
非常に重要となることを意味します。間違って登録してしまったら、
海外送金がずっと届かず、照会しないといけなくなりますし、
組戻しもする必要が出てきますから。

と、思って、緊張して望んだ、送金先登録なのですが、
楽天銀行、なかなかナイスな機能をつけていてくれました。

それが、『銀行の検索』機能です!上の写真の赤枠のところが、
その銀行の検索機能ボタンなのですが、先に、銀行名や都市、
スイフトコードなど、少しだけでもわかる情報を入れておき、
その後、『銀行の検索』ボタンをを押すと、
地球の絵がクルクルと回り始め、その後、上の写真のように、
銀行の候補が出てくるのです。

で、さらに番号が書いてあるラジオボタンのところにカーソルを
持って行くと、このように、詳細な住所まで出してくれます。
110702楽天海外送金先登録2

これなら、銀行名や住所を打ち間違えることもないので、
助かりますよね。中国の銀行の情報を、英語で探すのって、
結構骨が折れるので、これは、非常に助かる機能です。

では、また引き続き、楽天銀行の海外送金の手続き、
やっていきますので、またここで報告しますね!

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

コメント

  1. 元銀行員 より:

    私も楽天銀行を利用しています。ロイズ銀行やゆうちょ銀行との違いは、やはり『ネットで海外送金先登録』ですね。なお、『銀行の検索』機能ですが、楽天銀行は推奨していないようです。推測するに、検索データベースが毎回最新ではなさそうです。私が中国銀行を検索した際は、古い住所と支店情報が表示されました。

    彼らが薦めているのは、「受取人事前登録のFAXサポート」のようです。私は下記HPに記載したとおり、コールセンターへの問い合わせをお勧めしています。
    http://www.moneybank.sakura.ne.jp/02.html


コメントを投稿する




»
«