SBIレミットは申込から送金可能になるまでが早い

SBIレミットは申込から送金可能になるまでが早い

中国への海外送金について、いろいろ調べているのですが、
「もぉー、これ、実際にやってみるしかないな」的な結論に
なることが多いので、7月5日に、

Goロイズ、SBIレミット、セブン銀行の3つに、
まとめて申し込んでみました。

どれも、ネット上から7/5の夜に申込み。

そして、契約完了第一号は、本日(7月9日)に届いた
SBIレミットでした!

SBIレミット申込完了書類

4日で使えるようになるんですから、すごいですね。

Goロイズとセブン銀行が、免許証や保険証のコピーを
プリントアウトして提出しないといけないのに対し、

SBIレミットは、身分確認書類を郵送する必要がなく、
今日の書類を佐川急便から受取るときに、身分証と本人確認が
必要、という形になっていました。

すごい進んでますよね、最近の技術は。
免許証佐川急便のドライバーさんが持つ端末に、
私の免許証の番号と、生年月日を入れると、
1、2分でピピピッと鳴り「確認できました」と出るんですから。

ほんと、どんどん便利になりますね。

SBIレミットに関しては、
中国への送金はドル建てのみなのですが、
おそらく中国現地の窓口での受取は人民元になると思われるので、

●ドル→人民元の両替手数料が、どれくらい取られるのか、
 つまり、レートは、TTBか現金レートかどちらが適用されるのか、

という部分を調べてくるつもりです。

当然、ちゃんと本当にちゃんと受取できるの?という部分も
確認してきますね。

8月ごろに調査してみるつもりです!

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

コメント

  1. foone より:

    SBIレミットの結果、いつごろアップできそうですか?
    payforexと比較してみたいです。どちらも同じように便利そうなサービスなので。
    大変かと思いますがよろしくお願いします!!

  2. 管理人(のむてつ) より:

    SBIレミットの結果は、8月終わりくらいになると思います。
    自分で受け取ってみないと、調査にならないので!
    お待たせして、すんません。

  3. 管理人(のむてつ) より:

    fooneさん、

    今日、中国でSBIレミットの受取に行ってみたのですが、ダメでした。中国貴州省という場所がダメみたいです。最初に行った中国工商銀行では、「わからないから、中国銀行に行ってくれ」と言われ、中国銀行では、『中国貴州省では受取できない』という回答でした(涙)。なんだかなぁ、という感じです。上海に戻ってから引出す予定ですので、調査結果は、また少し遅くなりそうです。

  4. コータロー より:

    マネーグラムのサイトで受け取り可能銀行が確認できます。田舎の銀行員はマネーグラムを知らずに「できない!」という事が多いようです。


コメントを投稿する




»
«